地域医療魚沼学校トップ > 地域医療魚沼学校とは > 理念・目的

理念・目的

教育理念

自立と連帯autonomy and solidarity 学び続けるkeep on learning

  • 「自立した住民が地域を創る」
  • 「連帯と連携で地域を守る」
  • 「学び続ける地域医療」

本校は、住民自らが、自分と家族そして地域の健康づくりに主体的に参加し、互いに協力・連帯し、安心して暮らし続けられる地域をつくるために、医療人とともに、あらゆる機会に、あらゆる場所で学び続けることのできる場を創造する。

教育目的

  • 「自立した住民が育つ」
  • 「地域社会を理解する医療人が育つ」
  • 「連帯と連携のシステムが育つ」

住民自らが、地域の健康を保持増進するすべを学び、自立した健康資源になる。
地域包括ケアの実現のため、専門多職種の連携教育の場を整備し、地域社会を理解する医療人を育成する。
住民と医療人は連帯して、自助・互助・共助そして公助のシステムを学び続け、発展させる。

教育目標

  • 住民の保健能力の向上を目指す。
  • 地域医療を保持増進するための住民リーダーを育成する。
  • 地域医療を支える社会制度の理解を推進する。
  • 地域社会を支える地域力の向上を目指す。
  • チーム医療を実践できる医師・医療人を育成する。